都立横網町公園の歴史 | 東京都立横網町公園

トップページ

慰霊供養メニュー

公園利用メニュー

撮影、研究メニュー

収蔵品データベース

都立横網町公園の歴史 / 東京都慰霊堂 / 復興記念館 / 東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑 / 震災遭難児童弔魂像 / 幽冥鐘 / 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑 / 永田秀次郎氏記念句碑 / 日本庭園 / 子供の遊び場

都立横網町公園の歴史


都立横網町公園は慰霊の公園です。

大正11年(1922)東京市は、陸軍被服廠の移転に伴い跡地を買収し、公園の造成を進めていましたが、その最中に発生したのが関東大震災(大正12年9月1日)でした。周辺の人たちが家から布団や家財道具を持ち出し、この地に続々と集まったのです。

しかし、この地にも強風にあおられた炎が四方から迫り、その火の粉が家財道具などに燃え移りました。激しい炎は巨大な炎の竜巻、火災旋風を巻き起こし、一気に人々を飲み込みました。この地だけで、3万8千人もの尊い命が失われたのです。

関東大震災の死者は、当時の東京府市合わせて7万人を超えるといわれています。この諸霊を弔慰するため49日に相当する大正12年10月19日に、この地において府市合同の大追悼式を挙行したのが、この公園の歴史を刻む最初の出来事でした。

翌大正13年9月1日、東京府市合同で震災殃死者一周年祭並びに法要が行われ、以来絶えることなく今日まで続けられてきました。

昭和5年に慰霊堂(当時は震災記念堂)をはじめとする建物、記念碑、庭園が、時の皇室から庶民までの尊い寄付によって完成し、横網町公園として開園しました。

このあと東京は、関東大震災から見事に復興を果たしたかに見えましたが、それもつかの間、昭和16年(1941)アメリカとの間で太平洋戦争の火ぶたが切られたのです。太平洋戦争下における空襲による都内犠牲者の数は、死者・行方不明者を合わせて10万人をはるかに超えています。昭和26年、東京空襲遭難者の仮埋葬遺骨の改葬が終了し、身元不明者10万5千人を震災記念堂に合葬することとし、震災遭難者約5万8千人と合わせて16万3千人の遺骨を祀ることとなり、名称も東京都慰霊堂と改称しました。

その後、毎年関東大震災の9月1日と東京大空襲の3月10日に遺族をはじめ、皇族方のご臨席を仰ぎ、関係各方面から来賓の参列を得て、春秋の慰霊大法要を開催しています。