永田秀次郎氏記念句碑 | 東京都立横網町公園

トップページ

慰霊供養メニュー

公園利用メニュー

撮影、研究メニュー

収蔵品データベース

都立横網町公園の歴史 / 東京都慰霊堂 / 復興記念館 / 東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑 / 震災遭難児童弔魂像 / 幽冥鐘 / 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑 / 永田秀次郎氏記念句碑 / 日本庭園 / 子供の遊び場

永田秀次郎氏記念句碑


この句碑は、震災時に東京市長として救援救護活動を陣頭指揮すると共に、その後の復興事業に心血を注いだ永田秀次郎氏の業績を讃えて、氏が震災後詠んだ句を刻んだものである。

「焼けて直ぐ芽ぐむちからや棕梠の露」

句碑は、永田秀次郎氏記念句碑建設有志により昭和27年9月1日に建てられた。