東京都慰霊堂 | 東京都立横網町公園

トップページ

慰霊供養メニュー

公園利用メニュー

撮影、研究メニュー

収蔵品データベース

都立横網町公園の歴史 / 東京都慰霊堂 / 復興記念館 / 東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑 / 震災遭難児童弔魂像 / 幽冥鐘 / 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑 / 永田秀次郎氏記念句碑 / 日本庭園 / 子供の遊び場

東京都慰霊堂


 

東京都慰霊堂は、大正12年(1923)9月1日に発生した、関東大震災による遭難者(約58,000人)の御遺骨を納めるための霊堂として、東京市内で最も被害の大きかった被服廠跡(現在東京都横網町公園)に昭和5年に建てられました。

慰霊堂の設計は、築地本願寺や湯島聖堂を手がけた伊東忠太氏(1867~1954)によるものです。

当初は「震災記念堂」と名付けられましたが、昭和20年3月10日の東京大空襲などによる犠牲者(約105,000人)の御遺骨も併せてこの霊堂に奉安し、昭和26年9月に名称を「東京都慰霊堂」と改め、現在約163,000体の御遺骨が安置されています。

毎年2回(春季-3月10日、秋季-9月1日)慰霊大法要が行われています。