東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑 | 東京都立横網町公園

トップページ

慰霊供養メニュー

公園利用メニュー

撮影、研究メニュー

収蔵品データベース

都立横網町公園の歴史 / 東京都慰霊堂 / 復興記念館 / 東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑 / 震災遭難児童弔魂像 / 幽冥鐘 / 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑 / 永田秀次郎氏記念句碑 / 日本庭園 / 子供の遊び場

東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑


第二次世界大戦で、東京は、昭和17年4月18日の初空襲から終戦当日の昭和20年8月15日に至るまで、アメリカ軍の度重なる空襲により甚大な被害を受け、大方が非戦闘員である多くの都民が犠牲となりました。

こうした東京空襲の史実を風化させることなく、また、今日の平和と繁栄が尊い犠牲の上に築き上げられていることを次の世代に語り継ぎ、平和が永く続くことを祈念するため平成13年にこの碑を建設しました。

この碑の建設に当たっては、「東京の大空襲犠牲者を追悼し平和を願う会」の呼びかけにより、多くの方々から寄附が寄せられました。

斜面を覆う花は生命を象徴しています。碑の内部には東京空襲で犠牲になった方々のお名前を記録した「東京空襲犠牲者名簿」が納められています。

毎年、大法要の行われる東京大空襲の3月10日と関東大震災の9月1日には、内部を公開しております。