「松の雪吊り」が出来ました | 東京都立横網町公園

トップページ

慰霊供養メニュー

公園利用メニュー

撮影、研究メニュー

収蔵品データベース

慰霊協会から

「松の雪吊り」が出来ました


もともとは、雪国で、枝を張った松を雪の重みから守るためのしつらえですが、日本庭園の冬の風物としても親しまれています。

横網町公園の日本庭園では、2本の松にそれぞれ違ったタイプの雪吊りを設置しました。縄の広がりを受ける「胴縁」や頂上の「飾り」の形状が違います。

冬の空に向かって凜と立つ様子は寒い中にもすがすがしさが感じられます。